主婦におすすめのカードローンは?

主婦といっても、パートなどで収入がある人とない人とでは利用できるカードローンが違ってきます。銀行のカードローンは大丈夫でも、消費者金融業者のカードローンは申し込み不可など、本人に収入のない専業主婦の場合には選択肢は限られてきます。

 

主婦は「収入あり・なし」で申し込めるカードローンが違う

専業主婦でも使えるカードローンがある

専業主婦とは、配偶者の収入によって家族の生活を支えており、主に家事や育児に専念する女性を指します。どこか会社に勤務しているわけでもなく、パートやアルバイトによる収入もない状態の女性を専業主婦と言い、こうした人が申し込めるカードローンには制限があります。

 

専業主婦は、家計のやりくりを任されているケースがほとんどでしょう。収入はないのに、家庭内のお金の管理を一種の仕事としてやっています。いつも予想通りお金があるとは限りません。急な出費によって手持ちの現金がなくなることも多いでしょう。

 

ところが皮肉なことに、お金を管理している主婦自身はカードローンを申し込むことができません。自分自身に収入がないからです。こういった場合に備えるために、専業主婦でもお金借りることができるカードローンが提供されています。

 

主に以下のような特徴があります。
  • 無収入の専業主婦でも現金の融資が受けられる。
  • 配偶者や家族に知られずに契約・利用できる。
  • 闇金や中小ではなく、安心して利用できる大手である。
  • 無担保であり保証人も不要だが、審査はある。
  • カードは基本的に郵送。

 

使える金融機関は限られますが、自身で収入を得ていない人であって、ローンを利用するための同意を配偶者から得ることもできないケースでも利用できます。

 

限度額は低めの設定になりますし、カードローンですので金利もかかってきますが、いざというときに頼りになります。

 

専業主婦も利用可能な銀行のカードローンは?

専業主婦が借りることのできるカードローンは、基本的に銀行が提供しているものになります。

 

以下のように理解しておくと、おおよそ間違いありません。
  • 銀行のカードローン:借入可能(配偶者に安定した収入があることが条件)
  • 大手消費者金融業者カードローン:借入不可
  • 中小消費者金融業者カードローン:一部可能(配偶者に安定した収入があることが条件)
  • 信販会社カードローン:借入不可

 

例外もありますが、基本は「専業主婦が借りるなら銀行のカードローン」です。これには、貸金業法に規定されている総量規制という法律が関係しています。貸金業法では、個人消費者は本人の年収の3分の1以上を借りることができません。

 

専業主婦の場合には、総量規制で上限とされている額を算出するための収入がゼロです。そのため、どうやっても貸金業者からの借入はできないことになります。計算の元になる金額がゼロだからです。

 

一方、銀行は銀行法という法律に基づいて審査して貸し出ししています。銀行法には総量規制という規定はありません。そのため、収入がない専業主婦でもカードローンの審査に通る可能性があります。

 

全国からカードローンの申し込みができる代表的な銀行では、専業主婦に関して以下のように申し込み条件を定めています。

 

銀行名 専業主婦が申し込めるか
三菱UFJ銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)
三井住友銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)
楽天銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)
イオン銀行 ○(配偶者に安定した収入があること)
ソニー銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)
セブン銀行 ○(安定した収入があれば専業主婦も可能)
じぶん銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)
ジャパンネット銀行 ○(配偶者に安定した収入があれば専業主婦も可能)
常陽銀行 ×(申込者本人に安定した収入が必要)

 

収入のある主婦の場合は

収入のない専業主婦に融資をしない銀行のカードローンも数多くあります。これは2017年に金融庁から銀行に対して過剰貸付を指摘されたことが原因です。この指導があって以来、銀行は自主的に専業主婦への貸出を規制しています。

 

この自主規制は、銀行も貸金業者と同様に、総量規制で定められた「個人消費者への貸出は年収の3分の1まで」とするものです。個人としての収入がゼロである専業主婦は、自主規制をしている銀行からは融資を受けることができなくなりました。

 

ただし、パートやアルバイト、副業などで安定した収入を継続的得ている主婦はまったく事情が異なります。総量規制を適用するための基準となるものがあるので、消費者金融業者でも借入契約を結ぶことができますし、銀行のカードローンの契約も可能です。

 

利用限度額には収入による制限がありますが、それを別にすればどの銀行や消費者金融業者でも申し込むこと自体は可能です。安定した収入があるので、審査では返済能力があると認められます。

 

安定した収入というのは、どの消費者金融業者でも申し込み条件として提示していますが、これは金額がいくらであるかは審査そのものでは問題とはなりません。

 

基本的には「毎月1回以上の収入を連続して2ヶ月以上得ている」ときに安定している・継続しているとみなします。

 

たとえば、パートで働いていて1ヶ月に3万円の給料を2回もらっていれば、限度額などといったことを考慮しなければ審査に通る可能性があります。1ヶ月に3万円の収入があるということは、年収は36万円です。総量規制を適用すると12万円まで借入できることになります。

 

専業主婦が消費者金融のカードローンで借りるには

配偶者貸付という制度

貸金業法には配偶者貸付という制度が設けられています。これは「配偶者と併せた年収の3分の1以下まで貸し付けてよい」とする制度で、貸金業法の総量規制において例外貸付に該当します。

 

貸金業者、つまり消費者金融業者とクレジットカードのキャッシング枠の貸付は総量規制の対象となります。ところが配偶者貸付という制度を利用すると、貸金業者からの借入でも総量規制に抵触しないと認められます。

 

この制度を利用すると、自分が収入のない専業主婦であっても配偶者の年収があれば、その3分の1まで借入できます。たとえばパートやアルバイト、副業などを行っていない専業主婦がいて、配偶者の年収が300万円だとすると、その3分の1である100万円まで借りることができます。

 

制度を利用するには、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類が必要になりますが、法律上の制度として認められているものですので、専業主婦でも貸金業者から借りることができます。

 

ところが、この制度は大手の消費者金融業者では導入されていません。法律では定められてはいますが、必ずしも提供しなけらばならない制度ではないからです。消費者金融業者としては、自分に収入のない専業主婦に貸すことはなるべく避けたいと考えています。

 

配偶者貸付も制度として存在はしていますが、多くの業者で使うことができません。一部の中小の消費者金融で導入されているに過ぎません。どうしても配偶者貸付で借りたいときには、中小の業者のホームページなどを参照してみましょう。

 

在籍確認はどうなる?

主婦が消費者金融を利用するときに心配になることのひとつが、配偶者に発覚することがないかどうかという点でしょう。「お金を借りていることを旦那には知られたくない」と不安に思う主婦はたくさんいますが、即日融資無審査で借りられるところありません。

 

何も対策せずに申し込みをすると、簡単に発覚してしまいます。

 

カードローンの審査には必ず「在籍確認」という作業が伴います。これは、働いている実態があるかどうかを確認するために申込者の職場に審査の担当者が電話で連絡するというものです。働いている主婦なら、その勤務先に電話がかかってきます。

 

専業主婦の場合には、勤務先はないので自宅に連絡が来ます。申し込みはインターネットから可能ですが、このときに登録した自宅の電話に審査の担当者が連絡することで在籍確認の代わりとすることになっています。

 

注意したいのは、ここで配偶者が自宅にいる場合です。もし夫が在宅しているときに在籍確認が行われたときには、その目の前でカードローン会社からの連絡を受けることになってしまいます。もし夫に内緒でカードローン審査を受けたいのであれば、申し込みをした後に担当者に相談するなどしておきましょう。

 

無人契約機を使った場合には、オペレーターから連絡が来ますので、ここで良く相談しておくことが必要です。

 

利用限度額はどのくらい?

夫に知られないようにカードローンを使おうというときには、利用限度額にも注意しましょう。特に専業主婦の場合には重要です。

 

貸金業法では、「希望する限度額が50万円以上、または他社の限度額との合計が100万円を超える申し込みでは、収入証明書の提示が必須」とされています。これは銀行のカードローンでも導入されている規制で、目安として適切でしょう。

 

専業主婦が50万円以上の限度額を希望したときには、審査の通過率もぐっと下がりますし、配偶者の収入証明書の提示を求められる可能性が高くなります。

 

なるべく多くのお金を借りたいとか、低金利で利用したいからといって利用限度額を高めにして申し込む人も多くいますが、限度額が高くなると返済能力も高くなければなりません。夫に知られないようにカードローンを借りるのであれば、限度額は50万円以下にしておきましょう。

 

審査そのものも、希望限度額が低ければ低いほど通過しやすくなります。そのとき必要な最低の金額で申し込みしましょう。

 

自分と配偶者の信用情報を調査される

カードローンの審査では申込者の「信用情報」を調査することになっています。個人情報とは、日本に3つある個人情報機関に保管されているローンやクレジットカードなどの利用履歴のことです。

 

個人の信用情報にネガティブな情報が記載されていると、審査では不利になります。

 

ネガティブな情報としてはたとえば以下のようなものがあります。
  • クレジットカードの支払いが遅れた。
  • ローンの返済で延滞がある。
  • 携帯電話やスマートフォンの割賦払いで延滞がある。

 

注意したいのは、携帯電話・スマホの割賦払いです。通常、こういった端末では毎月の利用料金がかかりますが、この代金に端末の分割払いが上乗せされており、通話料金とは別に端末を24回払いや36回払いで支払っています。

 

この分割払いは利用料金と切り離して支払うことは通常の場合は不可能です。そのため、もし利用料金の支払いの遅れがあると、それは「分割払いの延滞」として扱われます。スマホの利用料金は、電気やガスといった公共料金の支払いと混同しがちですが、実際にはまったく異なっているので注意しましょう。

 

また、この信用情報については専業主婦が申し込みをした場合には、配偶者のものも調査されます。自分の信用情報に問題がなくても、配偶者の信用情報に傷があるときには審査に通らないことがあります。

 

主婦が借入するなら銀行カードローンで

消費者金融は難しい

専業主婦が申し込めるカードローンは、事実上「銀行のカードローン」だけでしょう。一部の消費者金融者では、「配偶者に安定した収入があればお申し込みいただけます」と公式サイトに記載されていますが、大手の消費者金融業者で専業主婦が借入することは、ほとんど不可能と言っていいでしょう。

 

専業主婦が消費者金融業者で借入できないのは、総量規制という法律に定められている収入そのものがないからです。総量規制では年収によって借入できる限度額が決まりますが、無収入の人には計算の元になるものがありません。

 

また、総量規制を定めた貸金業法は、貸金業者に対して適用されるもので、これにはクレジットカードのキャッシング枠が含まれます。そのため、専業主婦がクレジットカードにキャッシング機能を付けることもできません。とはいっても、カードによっては10万円程度のキャッシング枠が付帯することはあります。

 

ショッピング枠のおまけのようなものですが、いざというときには使える機能と言っていいでしょう。

 

銀行はなぜ貸してくれるのか

専業主婦が借入するのに適しているのは銀行が発行しているカードローンでしょう。たとえば、ジャパンネット銀行が発行しているカードローンは、公式サイトにも「配偶者に安定した収入がある」ことを条件に専業主婦でも申し込めるという記載があります。

 

2017年から、銀行はカードローンの審査を厳格化しつつあるため、専業主婦への融資は抑えられる傾向にありますが、それでも一部の銀行では専業主婦でも申し込めるカードローンを残しています。

 

銀行のカードローンで専業主婦が借入できるのは、消費者金融などに適用される貸金業法が適用されないからです。年収額から借入できる額を算出することを定めた総量規制は貸金業法において規定されているものです。

 

銀行には銀行法という別の法律が適用されるため、専業主婦でも融資を受けることが可能です。

 

銀行のカードローンを検討するにあたっては、公式サイトを見て「主婦の方でもお申込みいただけます」「専業主婦も可」などといった記載があるかどうかを確認しておきましょう。どの銀行のサイトでも、「商品説明書」がPDF化されて読めるようになっています。

 

ここに記載があるかどうかしっかり見ておきましょう。

 

主婦がカードローンで借入するときの注意点

カードローンを使うのはいいが、家族に利用が発覚するのは困ると考える主婦の人は多いでしょう。夫や子供、夫の親などに「カードローンでお金を借りている」と知られたくないというのは、当然の心理です。

 

カードローンの利用が発覚しやすいのは、ローンの利用で欠かせないカードの存在によるものです。財布のなかに不用意に入れていたせいで夫にバレてしまうというのは、良くあるケースです。

 

一番気をつけたいのが、初回の契約時のカードの受け取りです。カードローンでは契約時に契約書類やローンカードの受け取りが必要で、多くの場合で郵送となるため気をつける必要があります。平日の昼間なら誰にも知られず郵便物を受け取れるかもしれませんが、確実ではありません。

 

これを防ぐには、自動契約機のある銀行で契約することです。自動契約機なら、その場で契約書類とローンカードを受け取ることができるので、郵便物から発覚することはありません。

 

一番確実なのは、銀行のカードローンであれば銀行の窓口で契約することです。これもその場でローンカードを受け取れることがほとんどで、契約書類もすぐに手にできます。近年ではローンカードも契約書類もない「WEB完結型」のローンも増えています。

 

銀行の公式サイトを良くみてみましょう。

 

主婦におすすめのカードローン

イオン銀行

イオン銀行の提供しているカードローンは、公式サイトに「専業主婦でも申し込みできる」と記載されています。申し込みでは、配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、配偶者の職場に在籍確認の連絡が行くことはありません。

 

イオン銀行はショッピングモールなどを運営しているイオングループの金融部門です。イオン関連の店舗に窓口が併設されていることが多く、しかも土日祝日にも営業しているところもあり、利便性の高さもメリットです。

 

金利も低めの設定ですし、利用限度額も高めです。ただし、利用するにはイオン銀行の口座を持っていることが条件となるので注意しましょう。

 

イオン銀行カードローンの概要
申し込み条件
  • 契約時年齢満20歳以上、満65歳未満
  • 本人に安定かつ継続的な収入があること
  • パート、アルバイト、自営業者、専業主婦でも申し込み可能
資金使途 原則自由
利用限度額 10万円~800万円
金利(実質年率) 3.8%~13.8%
審査時間 最短即日
融資までの時間 1週間程度

 

ソニー銀行

家電やカメラで有名なソニーの金融部門であるソニー銀行は、ユーザーフレンドリーな仕様で急速に利用者を拡大しつつあります。ネット銀行の顧客満足度のアンケート評価では常にトップレベルにランクインしています。

 

ソニー銀行が提供しているカードローン「MONEY Kit」は、カードローンとして高額な融資額の設定で、利便性の高さでも評価されています。専業主婦にも申し込みが可能ですが、ソニー銀行の口座が必須なので注意しましょう。

 

ソニー銀行に口座があれば申し込みからスピーディに融資されます。また、銀行から発行されるキャッシュカードがそのままローンカードになる一体型を採用しているため、誰かにカードを見られてもローンの利用が発覚しにくいというメリットもあります。

 

ソニー銀行「MONEY Kit」の概要
申し込み条件
  • 契約時年齢満20歳以上で満65歳未満
  • 原則として安定した収入があること
  • パート、アルバイト、自営業者、専業主婦でも申し込み可能
資金使途 原則自由
利用限度額 10万円~800万円
金利(実質年率) 2.5%~13.8%
審査時間 最短即日
融資までの時間 最短即日

 

仮審査はソニー銀行の口座を持っているかどうかにかかわらず、最短1時間程度で完了します。希望限度額が300万円以下であるときには収入証明書の提出は不要です。

 

常陽銀行

常陽銀行は茨城県に本店を置く地方銀行で、地元の経済活動の発展に寄与することを目的としています。かつては地元に暮らす人向けの個人融資カードローンを提供していましたが、2016年にリニューアルして全国からネットを通じて申し込むことができるようにしています。

 

近年では地方銀行でも営業エリア外から利用可能なところが多くなりましたが、常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は専業主婦でも申し込めるというメリットを併せ持っています。

 

銀行のカードローンならではの低金利で、手続き書類はダウンロードとプリントアウトで入手可能、カードローンという表示がない封筒でローンカードを郵送するなど、細かいところにまで気を配っています。

 

常陽銀行「キャッシュピット」の概要
申し込み条件
  • 契約時年齢20歳以上75歳未満
  • 原則として安定した収入があること
  • パート、アルバイト、自営業者、専業主婦でも申し込み可能
資金使途 原則自由
利用限度額 300万円
金利(実質年率) 2.5%~14.8%
審査時間 最短60分
融資までの時間 最短即日

 

まとめ

主婦の場合も、定期的な収入があれば消費者金融業者でも銀行でもカードローンを申し込めます。専業主婦でも多少の制限は付きますが、カードローンに申し込むことは可能です。条件は金融機関によって異なりますので、良く調べて検討しておきましょう。